bsGreen27_40420141123162504初心者の多くはどのようにトレードを行えばいいのか、何が正解なのか、手探りでトレードをするにはあまりにも不安が大きい。
そこでこちらでは、これからのトレード人生の基本。型とするのに最適な本を紹介します。

基本とするならこれ!

bsOHT92_shirakabatomichiyuyake (2)

”シンプルFX“

著者 西原宏一

内容はタイトル通りFXをシンプルに捉えてトレードをするやり方です。

1.トレンドを見つける(旬な通貨ペアを見つける)
2.転換・反転を見つける

この二つを見つけるためにどういった事に注意をし、テクニカル分析は何を見ると見つけやすいのか、為替市場に影響を与える情報をどこで捉えるのか、事例をまじえて紹介されています。

私が特に参考になるのはファンダメンタル。
FXなどではファンダメンタルは軽視されがち、中には、一切必要ないと言っている人もいるほどです。

ですが、ファンダメンタルは相場に少なからず影響は与えます。
それこそ大きなトレンドを予測、旬な通貨ペアを見つけるには大切な要素。

そんなファンダメンタルがどのような影響を相場にあたえかを書かれています。
取っておきたい情報誌が書かれているので、経済に疎い場合は非常にありがたい。

とは言ってもファンダメンタルだけで為替取引はできません。
長期で見れば上昇傾向の強気の相場でも短期で見れば必ず上下に動いています。

スイングのトレードスタイルならファンダメンタルを追うだけでもいいかもしれません。

しかし、デイトレやスキャルピングなどの場合はファンダメンタルは意味を無くします。

そこで本書では多くの方が使用している一目均衡表、RCI、ディナポリ・チャートを基本としてトレードを紹介。

冒頭でも触れたようにトレンド、転換・反転を見つけるために、テクニカルの見方を紹介しています。

約3時間弱で読み終わります。

テクニカル分析を学ぶなら

テクニカル分析は本書かれている物を利用されると良い。
学びとは真似ることを指します。
まずは本に書かれていることを真似することが大切。
※上記の本では触りしかテクニカルを紹介していません。
詳しく学ぶならテクニカルのみを紹介してある本書を読んでください。

一目均衡ではこちらがおすすめです。

“一目均衡表の研究”

 

ディナポリ・チャートならこちらがおすすめです

“ディナポリ・チャート”

 

RCIならこちらがおすすめです

“基本にして最強 GMMA+RSI 二刀流FX”

他にも読んでおいたほうがイイ本

経済の本がおすすめです。

“勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方”

 

有名なトレーダーの本を読むのも違った視点を
取り入れられるのでおすすめです。

  • 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
  • 先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
  • マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

基本は上記の本(シンプルFX)とテクニカルの本で補うかたちをとり。
あとはトレードを行い分析、迷ったら本を読み返し学ぶ。これを繰り返すことが大切です。